歴史クラブ夏合宿報告

 

   

歴史クラブは8月28日から30日まで夏期合宿を行いました。今回は、國學院大學考古学研究室が数年間にわたって調査を行っている群馬県長野原町の居家以岩陰遺跡の発掘現場で、実際に発掘や土をふるいにかけて遺物を拾い上げる作業など、丸一日参加させていただいて貴重な体験ができました。日程の前後には、嬬恋郷土資料館を見学し、勾玉製作や火起こし体験学習をしたり、リニューアルオープンした群馬県立歴史博物館を訪れ、さらに綿貫観音山古墳では特別に石室内に入れていただくことができました。2泊とも草津温泉に宿泊し、温泉を堪能しながらクラブ員同士の親交もより深まり、終始家族のような雰囲気で、充実した3日間になりました。なお、後日合宿の詳細についてのレポートを作成し、吉祥祭で展示しました。たくさんの方に足を運んでいただき、ありがとうございました。

カテゴリー: 部・クラブ活動 パーマリンク