百人一首大会(中学1年)

1月20日、LHRの時間に中学1年生の学年行事「百人一首大会」を実施しました。中1は古典の授業で1年間を通して百人一首の和歌を学んでいます。

体育館いっぱいに札が並べられ、グループごとに対決します。みんな日頃の授業や練習の成果を発揮して真剣に取り組みました。上の句の朗詠とともにあっという間に札を取る場面もあれば、みんなで探しながら札を取る場面も。和やかな雰囲気の中で友人と楽しみながらも、熱戦が繰り広げられました。

大会の成績は、1人平均何枚取れたかというクラス平均と個人の枚数で決まります。結果は、クラスの部では平均20.4枚のC組が優勝、14.6枚のF組が準優勝。個人の部では上位2人が77枚、59枚と大健闘しました。

カテゴリー: 歳時記 パーマリンク