クラス開きLHR(高校3年)

4月15日、LHRの時間に、高校3年生はライフスキルプログラムの一つである「手のひらのワーク」を行いました。ライフスキルとは、日常生活でのさまざまな問題に適切に対処できるように、積極的に行動し適応するために必要な能力のことです。本校では、ライフスキルを養うために中高6か年のプログラムを設けています。

今回のワークでは、色画用紙に自分の手形をなぞって書き、親指に「自分にとって吉祥とは」、人差し指に「自分たちの学年を一言で表す」、中指に「自分を一言で表す」、薬指に「今年一年クラスで貢献したいこと」、小指に「自分との約束」、手のひらに「今年度の目標」を書きました。そして、クラス全員分の手形を模造紙に貼って教室に掲示しました。このワークを通して、生徒たちは自分を見つめ、目標をしっかり持ち、進路実現を目指す新年度の第一歩を踏み出したようです。

カテゴリー: 歳時記 パーマリンク