ボイスレスパフォーマンスクラブの活動が雑誌に掲載されました

「プレジデントファミリー2015年夏号」(プレジデント社)の「注目校の超ユニーク部活」コーナーに、本校のボイスレスパフォーマンスクラブが取り上げられました。このコーナーは、有名私立校の中の”日本で唯一かもしれない”部活3つを紹介したものです。

 ボイスレスパフォーマンスとは、役者が台詞を話すことなく、表情と動作に加えて、照明・音響の演出だけで役柄の感情やストーリーを伝える舞台演劇の一種です。創部は16年前、現在は中1から高1まで部員38名で活動しています。今回は、4月に行われた新入生歓迎会公演の様子(「塔の上のラプンツェル」を上演)、日常の練習風景、部員へのインタビューなどが見開きで紹介されています。

カテゴリー: 歳時記 パーマリンク