英語リーディング・マラソン(中学)

英語の読解力を高めるために、英語科と図書館が連携して英語の本を読むことを勧めています。図書館には英語の本が約3,000冊あり、中学校では各学期1回、図書館で英語の本を読む時間を設けています。

中学2年生の授業をのぞいてみると、友だち同士で楽そうに「読み聞かせ」をする姿が見られました。「The Phantom of the Opera」(『オペラ座の怪人』)を読んでいるこの2人は、吹奏楽部の定期演奏会でミュージカル曲を演奏したことがきっかけで、物語に興味を持ったそうです。

リーディング・マラソンは、読んだページ数に応じて記録用紙にスタンプを押していくという方法で実施しています。到達目標は、クォーター300ページ、ハーフ600ページ、フル1200ページ。目標達成者には全員にCertificate(認定証)を発行します。また、各学年の最高達成者にはReader of the Year Award(チャンピオン賞)が授与されます。

カテゴリー: 歳時記 パーマリンク