オーストラリア・セミナー

7月25日から17日間の予定でオーストラリア・セミナーが始まりました。今年度は高1が18名、高2が3名参加しています。クイーンズランド州にある訪問校イプスウィッチ・ガールズ・グラマー・スクールに到着し、元気に研修を開始しました。

1.Point Dangerへ

オーストラリアに着いて最初に訪れたのは、キャプテン・クックが「この岬付近は座礁しそうで危ないなあ」と述べたことが由来で名づけられたPoint Danger。夜行便から降り立ったばかりの吉祥生も、大きな海を見てリフレッシュ。

2.イプスイッチ寮生とともに、最初のディナー

吉祥生1~2名とイプスウィッチ生が同じテーブルを囲めるように、寮母さんが事前にアレンジしてくださっていました。英語での生活が始まりました。

3.キャンパスツアー

校内の様々な建物や教室を見学しました。レンガ造りの伝統的な多くの建物とイプスウィッチの街並みを見渡せる新校舎があります。

4.ESLの最初の授業

まずは、ヘイリー先生と互いの自己紹介、続いて、オーストラリアならではの挨拶などについて学びました。自分の好きなもの「お好み焼き」「たこ焼き」「いちご大福」などを英語で紹介し、知っている英語を上手につかって表現する大切さを学びました。

カテゴリー: 歳時記 パーマリンク