学部学科レポート プレゼンテーション(高校1年)

10月14日、高校1学年進路プログラムの一環として、夏休みの課題「学部・学科レポート」のクラス代表6人によるプレゼンテーションが行われました。この発表は、先日クラス単位で行われた「学部学科レポート回し読み」に続き、さまざまな学部・学科があることを知り、自分の進路決定に向けてさらに考えを深めていくという目的で実施されています。今回の発表は、「総合政策学部」「医学部」「建築学科」「経営システム工学科」「経済学部」「文化構想学部」。どの代表者も、それぞれ学部・学科の特徴や魅力をわかりやすくまとめ、これからの課題を明確に述べている素晴らしい発表でした。

<生徒の感想から>

○代表者の発表を見て、自分の課題を再認識しました。自分の本当にやりたいことや興味のあることをもう一度考え直し、学部学科の選択をすること。また、今後は文系理系に関わらず柔軟な思考が求められると思うので、自分の進路で要・不要を決めずに、授業を聞いてわからない所はわかるようになるまで調べること。そして、今から気を抜かずに学習習慣を身につけていくことなどです。もうすぐ、大学の文化祭シーズンなので、いろいろなところに自分で足を運んで、大学についても詳しく調べていきたいです。

カテゴリー: 歳時記 パーマリンク