自然科学への探究心を養い,実験実習から科学的思考力を育む

教科の方針

身近な自然現象に興味を持ち、知識・観察力を活用して、ものごとを科学的に思考できる人間の育成を目指しています。そのため中学から実験・実習を数多く取り入れ、「実体験」から得る情報をもとに思考を発展 させ、「得られた結果から科学的に優れた考察を展開できる能力」が身につくよう指導しています。また、実験後のレポート作成を通して、主体的に考察する力を身につけていきます。さらに、進歩の著しい自然科学の分野で重要かつ基礎的な知識を、より効率的に深く学習するため、中学・高校の内容を整理・統合し、中学では必要に応じて高校の内容を取り入れ、中3では高校教科書「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」の内容を扱います。高1までに理科の基本を一通り学習した後、高2以降は各自の進路目標の達成に向けてより発展的な学習につなげていきます。実験の内容もより専門的になり、大学入試問題を解く力に加え自然科学を探求する姿勢を養っていきます。

使用教科書

中1~中2 『新しい科学1年~3年』(東京書籍)
中3 『物理基礎』(数研出版)
『化学基礎』(実教出版)
『生物基礎』(東京書籍)

使用副教材

中1~中3 『中学の理科 第1分野 物理・化学』(教育開発出版社)
『中学の理科 第2分野 生物・地学』(教育開発出版社)
『グラフィック理科資料集』(新学社)
中3 『ニューステージ新生物図表』(浜島書店)
『リードα生物基礎』(数研出版)
高1 『高1物理基礎独自作成テキスト』
『高1化学基礎独自作成テキスト』

中学1年生理科実験項目リスト

中学1年では、年間で次のような実験を行っています。2時間連続の授業中に行っていますので、1回の実験で教科書の2回分の内容を含むものもあります。また、必要に応じて演示実験を行っています。(カリキュラムは変更の可能性があります)

1学期(生物分野)
(1) ナデシコの観察
(2) イチゴとエンドウの果実の観察
(3) 光学顕微鏡、双眼実体顕微鏡の使い方
(4) 光合成・呼吸と酸素・二酸化炭素
2学期(地学・化学分野)
(5) 火山灰・火成岩の観察
(6) ガスバーナーの使い方
(7) いろいろな物質の性質を調べる
(8) 密度の測定
(9) ロウの状態変化
(10) ナフタレンの温度変化
3学期(化学分野)
(11) いろいろな水溶液の性質を調べる
(12) ワインの蒸留
(13) 酸素・二酸化炭素の発生と性質
(14) アンモニア・水素の発生とその性質

中学1年から高校1年までの授業内容

学年 理 科
中学1年 1分野 2時間 2分野 2時間
中学1年 化学分野・物理分野の基本的な内容を学習する。ガ スバーナーや各種実験器具の使い方など実験の基本操作を習得すると共に、実験レポート・グラフ・表の書き方などの基礎力を養成する。
◇ 物質の調べ方
◇ 物質の状態変化
◇ 水溶液の性質
◇ 電流と磁界
◇ 力のつりあい
◇ 物質の分類
◇ 気体の性質
◇ 電流の性質・静電気
◇ いろいろな力
◇ 水 圧
生物分野・地学分野・物理分野の基本的な内容を学習する。顕微鏡の取り扱い方や観察スケッチを通じて、実験操作と実験レポート作成の基礎力を養成する。
◇ 植物のつくり
◇ 呼吸と光合成
◇ 動物の分類
◇ 地 震
◇ 音と光
◇ 植物のはたらき
◇ 植物の分類
◇ 火山
◇ 地層と岩石
中学2年 1分野 2時間 2分野 2時間
中学2年 化学分野・物理分野ともに、基本的な内容を学習しつつ、高校「化学基礎」「物理基礎」の内容を取り入れながら発展的に学習する。実験では、結果を基にした考察を展開する能力を育成する。
◇ 化学変化(化合・分解)
◇ 物質の分類・分離
◇ 化学結合
◇ 酸とアルカリ
◇ 等速直線運動
◇ 化学の諸法則
◇ 原子・分子・イオン
◇ 化学式と化学反応式
◇ 等加速度直線運動
生物分野・地学分野を学習する。天気図の作成、天体のモデル実験や動物の形態観察のレポートを通じて、実験操作の能力を高めるとともにより深い思考力を養成する。
◇ 天気とその変化
◇ 天気図
◇ 太陽系と宇宙
◇ 動物のからだのつくりとはたらき
◇ 水蒸気の変化と雲
◇ 地球・月
中学3年 1分野 2時間 生物基礎 2時間
中学3年 化学分野では中2で学習した基本事項を復習しつつ、高校「化学基礎」の内容を本格的に学習する。物理分野では高校「物理基礎」の内容を取り入れながら力学分野について基本的な考え方を身につけ、それを応用する能力を育成する。
◇ 物質の分類・元素
◇ 物質の構成
◇ 力のつりあい(1次元・2次元)
◇ 運動の法則
◇ 物質の三態
◇ 物質と化学結合
◇ 力の合成と分解
◇ 運動方程式
高校「生物基礎」の内容を学習する。生物の基本単位である細胞の構造や遺伝子、遺伝のしくみ、生物の体内環境の維持について学ぶとともに、詳細なレポートを作成し、実験結果を基にした考察を展開する能力を高める。
◇ 生物の多様性と細胞
◇ 生命活動とエネルギー
◇ 遺伝子とその働き
◇ 遺伝の規則性
高校1年 物理基礎 2時間 化学基礎 2時間 生物基礎 2時間
高校1年 実験を通して力学に関係する法則を導き、理解を深める。特にエネルギーの概念を身につけ、計算を行えるようにする。また、波動や熱とエネルギーについて理解し、計算を行えるようにする。
◇ 運動の法則・運動方程式
◇ 仕事とエネルギー
◇ 力学的エネルギーの保存
◇ 波動・音波
◇ 熱とエネルギー
物質量(mol)の考え方を導入し、化学変化の量的関係について理解を深める。また、さまざまな結晶の結晶格子、酸・塩基の定義、pHや中和反応の量的関係、酸化還元反応について学習する。
◇ 物質量と化学変化の量的関係
◇ 物質と化学結合・結晶格子
◇ 酸と塩基
◇ 酸化還元反応
生物の体内環境の維持について、観察などを通して探求すると共に、そのしくみについて理解する。また、生物の多様性と生態系について理解し、その保全の重要性を学ぶ。
◇ 生物の体内環境の維持
◇ 生物の多様性と生態系