確かな知識を身につけ,これからの社会を生きる力を育む

教科の方針

社会的な問題意識や理解、歴史的な思考力、資料の分析能力、ディベート・ディスカッションなどによる 自己表現力、新聞・レポートの作成力など、単なる暗記ではなく、多岐にわたり生徒の能力を高めることを目標としています。

中1・中2では「地理」と「歴史」を並行して学習しますが、基礎的レベルにとどまらず、発展的教材(地理) や独自プリント(歴史)などを用いて、高校の内容にまで踏み込んだ本格的な学習を進めていきます。また、中3では、「地理」と並行して高校レベルの副教材を併用し、現代社会の課題、女性としての生き方、民主政治と人権思想などの分野を学習します。

さらに、高校では、「歴史総合」、「地理総合」、「公共」を全員が履修し、さまざまな分野の知的蓄積を通して、現代社会の諸課題を多目的・多角的に分析・考察します。その上で、進路希望に応じて「日本史探究」や「世 界史探究」などを選択して学習し、総体的な社会観の育成を目指します。高3では進路選択に応じて、大学入試レベルにも十分に対応した高度な水準の授業を展開します。

使用教科書

中1~中3 『中学生の地理』(帝国書院)
中1~中2 『中学生の歴史』(帝国書院)
中3 『中学生の公民』(帝国書院)

使用副教材

中1~中3 『中学校社会科地図』(帝国書院)
『アドバンス中学地理資料』(帝国書院)
中1~中2 『資料カラー歴史』(浜島書店)
中3 『ライブ!現代社会』(帝国書院)※2020年度中3

中学1年から高校1年までの授業内容

学年 社  会 / 地 歴 ・ 公 民
中学1年 地理 2時間 歴史 2時間
中学1年 地理分野では、私たちの生きる現代の世界・日本の 様子を、まず地理的思考の基礎となる様々なテーマ に沿って見渡した後、世界、そして日本の地域ごとに詳しく学んでいく。
◇ 地球と地図
◇ 世界の自然環境
◇ 国、人、社会
◇ 世界の諸地域
東アジア、東南アジア、南アジア、 西アジア、アフリカ
歴史分野では、日本の歴史を中心とし、各時代毎にその背景となる世界の歴史にもふれながら、総合的な歴史像をつくりあげることを目指す。
◇ 古代国家と東アジア(原始・古代)
旧石器時代、縄文時代、弥生時代、古墳時代、飛鳥時代、奈良時代、平安時代
◇ 武家政治と東アジア
鎌倉時代、室町時代
中学2年 地理 1時間 歴史 2時間
中学2年 ◇ 世界の諸地域
ヨーロッパ、ロシア、アングロアメリカ、ラテンアメリカ、オセアニア
◇ 武家政治の発展と東アジア(中世)
室町時代、戦国時代
◇ 武家政権の展開と世界の動き(近世)
織豊政権期、江戸時代前期、江戸時代中・後期
◇ 近代国家の歩みと国際社会
幕末・明治維新期、明治中・後期、大正期、昭和(戦前)期
◇ 現代に続く日本と世界
中学3年 地理 1時間 公民 3時間
中学3年 ◇ 日本の自然環境
地形図を読む、日本の位置と領土、地形の特徴、気候の特徴と気候区分、災害とその対処
◇ 日本の産業
農林水産業、鉱工業、商業と貿易、交通と通信
◇ 日本の社会
人口問題、都市と農村の諸問題、諸地域の文化や生活、世界とのつながり
高校レベルの副教材を併用。高1で学ぶ「公共」と連携する。
◇ 青年期を生きる
青年期の課題、社会に参加する、女性として生きる
◇ 現代社会の課題を知る
科学技術の発達と生命、少子高齢化と社会保障
◇ 政治について考える
政治とは何か、近代立憲主義の広がり、日本国憲法の成立と特徴、基本的人権の尊重、平和主義と安全保障
高校1年 歴史総合 2時間 公共 2時間
高校1年 歴史総合は世界とその中における日本を広く相互的な視野から捉え、近現代の歴史を理解・考察する。 歴史の大きな変化に着目し、問いを設け、資料を活用しながら歴史の学び方を習得する。
◇ 結び付く世界と日本の開国
◇ 国民国家と明治維新
◇ 近代化と現代的な諸課題
◇ 国際秩序の変化や大衆化
◇ グローバル化
社会に参画する際に選択・判断するための手掛かりとなる概念や理論・公共的な空間における基本的原理を習得する。「人間と社会の在り方についての見方・考え方」を働かせ、考察、構想する。
◇ 公共的な空間における人間としての在り方生き方
◇ 公共的な空間における基本的原理
◇ 自立した主体としての社会参画
◇ 持続可能な社会づくり

※高校1年の内容は、いずれも2022年度からの学習指導要領より抜粋したもので、詳細は未定です。