ライフスキル活動を行いました (中1)

 

 

 

 

 

中学1年生は、3学期1週目に以下の2種類のライフスキル活動を行いました。

◆ホテルスイーツ事件

あるホテルで起こった事件の犯人を捜し出すために、生徒が刑事役になり、与えられる断片的な情報を元に制限時間内に全員で協力して事件解決に結びつけるという活動です。

活動の目的は、コミュニケーションスキルやチームワーク力の向上のほか、他者を理解しようという姿勢をつくることにあります。生徒たちは楽しみながら協力して問題解決に向けて取り組んでいました。

【生徒の感想より】

・この活動を通じて言葉でコミュニケーションをとることの大切さが改めてわかりました。また、班のメンバーと協力することで、よりスピーディーに事件を解決できることが分かりました。(中1 M.S.)


◆卵を守れ

卵1個を高さ1.5メートルの筒を通して落下させるときに、卵が割れてしまわないような装置(卵キャッチャー)を、制限時間内に班ごとに作りあげるというものです。

目的は、コミュニケーションをとりながらチームワーク力を高めること。課題達成のために作戦を立て、作業をするなかで、それぞれがリーダー、アイデアパーソン、雰囲気作りする人など、チーム内で様々な役割を持った人が必要であると気付くことができました。

【生徒の感想より】

・誰でも好きなように意見を言えるのは良いことだと思いました。クラス全員がそういう空気を作った方が良いと思います。(中1 K.M.)

・アイデアを出す人、実行に移す人、それを手伝う人など役割分担をして何かを成し遂げるようにするといいと思いました。(中1 Y.M.)

カテゴリー: 学校生活, 歳時記 パーマリンク