羽ばたけ撫子たち~卒業生の活躍~ - Messages from Kichijo OGs -

ホーム > 卒業生の活躍 > 下條実紘さん
インタビュー

”挑戦するのが怖くない”という自信とその精神は、吉祥で生活する中で培われたものだと思います。

東京外国語大学言語文化学部アラビア語専攻下條実紘さん

現在の様子を聞かせてください。
下條実紘さん(以下、下條実紘 2017年9月より、エジプトのアインシャムス大学に留学し、アラビア語を学んでいます。東京外国語大学には、海外にいくつかの提携大学があり、そのシステムを利用してエジプトで学んでいます。今回は短期帰国をしたので、懐かしい吉祥に足を運びました。
アラビア語を学ぼうと思ったきっかけは何ですか。
下條実紘 私は、吉祥で学んでいく中で世界は広いということに気づきました。そして、アラブの文化や世界についてもっと知りたいと思うようになったことがきっかけです。大学で学びを進めていく中で、アラビア語には実はたくさんの方言があり、それらは日本にいては学べないということがわかりました。それならば、現地に行って学べばいいと思い、留学を決意しました。エジプトはアラブ世界の中心であり、文化や政治も含め学ぶことも多く、毎日刺激的な日々を過ごしています。
海外の未知の世界で一人暮らしをすることに対して不安はありませんでしたか。
下條実紘 大学入学後も自宅から通学していたので、一人暮らしは初めてですが、留学しようと決めた時、まったくといってよいほど抵抗や躊躇はありませんでした。新しいことをやってみようとするとき、”挑戦するのが怖くない”という自信とその精神は、吉祥で生活する中で培われたものだと思います。吉祥時代の友人もそのような人が多いです。もちろん、留学する前に一回旅行でエジプトを訪れ、下見はしましたが(笑)。
これからの夢を聞かせてください。
下條実紘 将来は、アラビア語を使える力を使って航空会社に就職し、アラブと日本をつなぐ架け橋になりたいと思います。そして、多くの日本人にとって、物理的にも精神的にも遠いアラブ世界をよりよく知ってもらい、訪れてもらえるようになればよいと思っています。

Profile

下條実紘さん

東京外国語大学言語文化学部アラビア語専攻

経歴

2009年4月
吉祥女子中学校入学
吉祥祭クラス責任者 生活部三役などで活躍
2015年3月
吉祥女子高等学校卒業
2015年4月
東京外国語大学言語文化学部アラビア語専攻入学