カナダ語学研修ツアーから帰ってきました!

 

私たち中学3年生は、10月24日から11月1日までカナダ語学研修ツアーに行ってきました。この研修ツアーは数ある学校行事の中でも1位、2位を争うくらい大きいイベントです。

カナダ語学体験ツアーの内容はホームステイや班ごとの自由行動など盛りだくさんですが、私は特に現地の中高校生との交流を楽しみにしていました。はじめに訪問した姉妹校のQueen Margaret’s Schoolでは、グループに分かれて校内を案内してもらったり、歌を披露し合ったりしました。

次に訪問したのは現地校のParkland。カナダに出かける前に、日本の伝統的な遊びである「福笑い」を説明して一緒にやってみようと企画していました。福笑いに使う「おかめ」と「ひょっとこ」を英語でどのように説明するかはちょっと悩みました。本番では現地校の生徒たちが楽しんでくれていたので嬉しかったです。

ツアー中はハプニングや困ったこともありましたが、それも良い経験だったような気がします。普段あまり話さないクラスメイトとも話すことができて楽しかったです。カナダでの経験をこれからの吉祥生活に生かしていきたいと思いました。

(中3 R.M.)

 

今日は調理実習がありました。

今回の実習のねらいは「もち米の調理法とでんぷんの調理性、凝固剤の種類と特徴を知る」です。また、中華料理についても学習しました。メニューは中華ちまき、スーミータン、オレンジゼリーでした。 

中華ちまきには「もち米」を使いました。もち米の特徴は白米では味わえないもちもちした食感。この粘り気と食感はもち米に含まれているでんぷんに関係があるそうです。もち米にはアミロペクチンと呼ばれるでんぷんが含まれていて、白米の含有量が80%なのに対して、もち米はほぼ100%だということを知りました。中華ちまきは量が多くてお弁当がいらないくらいたくさん食べることができました。 

スーミータンは中華風のコーンスープです。鶏がらスープとコーンの缶詰を使って簡単においしく作ることができました。オレンジゼリーには凝固剤として「アガー」を使いました。アガーは海藻やマメ科の種子でできています。透明度が高く、美しい光沢とゼラチンと寒天の間くらいのプルッとした独特な食感が特徴で近年注目の素材だそうです。3040℃で固まり、常温でも型崩れしないので持ち運びもできます。家でも作りたいなと思いました! どれも美味しくできました 😛  次回の調理実習も楽しみです。

(高2 S.U.  Y.H.

ハロウィーンで仮装運動会?!

10月17日、私たち高校2年生はロングホームルームの時間に体育館で仮装運動会を行いました。競技は玉入れと二人三脚の2種目。みんな個性豊かな仮装で見応えがあって、とても盛り上がりました!

定番の仮装である、巫女さん、魔女、ナース、着ぐるみ、悪魔、赤ずきん、小学生、幼稚園児から、変わったものではドラマ「コードーブルー」の医者、コナンの犯人、ビールの売り子、ミイラ男、石油王、映画泥棒、食い倒れ太郎などがありました。

私の一番のお気に入りはフェンシング選手です。全身白の衣装に身を包み銀の棒を持ち、金色のカツラをかぶっていました。個性的ないでたちにみんな驚いていました。

来年の今頃は受験勉強でハロウィーンどころではないと思うので、学年全員で楽しむことができてよかったです!

(高2 S.H. H.K.)